荒川下流河川事務所 視察

10月24日、岩淵水門を管理している荒川下流河川事務所を視察。

岩淵水門は、荒川から隅田川へ流れる川の量を調節するための水門です。荒川流域で大量の雨が降った際に、隅田川の氾濫を防ぐため水門を閉鎖し、隅田川への洪水流入を防ぐ役割を担っています。

昨今、西日本豪雨など、局地的な集中豪雨による洪水・浸水被害等が多発しています。また、大型台風の日本列島縦断による各地の被害は甚大でした。

台東区の三分の二が浸水するとしている洪水ハザードマップの想定が、現実味を帯びてきていますが、その要因となるのが、この河川事務所が管理する荒川右岸の堤防決壊による氾濫です。

河川事務所では、荒川の氾濫防止のためのハード対策として、堤防の高低差を埋めるための橋梁架け替えや、高規格堤防、洪水調節池の整備を進めており、現在ある調節池の上流に、第二・第三調節池の整備に着手しているそうです。また、荒川下流タイムラインの検討や河川情報の提供なども行っています。荒川視察1 荒川視察2
現場で説明を受けることができ、大変勉強になりました。水害対策については、更に勉強していきたいと思っています

 

Comments are closed.