子育て支援特別委員会 30年12月

12月4日、子育て支援特別委員会が開催されました。
ちなみに、この日の案件は、こちら

案件の中に、「ベビーシッター利用支援について」があって。

待機児童対策として保育所等に入所できるまでの間、都の認定を受けたベビーシッター事業者を利用する場合、利用料の一部を都と区が助成する。対象者は0~2歳児の待機児童の保護者と育児休業満了者。利用時間は月曜から土曜の1日8時間で、月160時間が上限。利用者負担は1時間当たり250円、との報告で。

で、私の発言要旨は。

「第2回定例会の委員会で、ベビーシッター助成は30年度の都の予算で始まったのだから、早急に検討してほしい、と要望していた。都の仕組みづくりがなかなか進まなくて難しいと思っていたが、今年度に補正予算で事業化したことは、大変評価している。運営事業者の質は重要。質の担保はどうなっているのか?」と質問。

「都は参画事業者認定基準を定め、対象事業者を認定している。基準の中には、保育の提供体制、保育の質、事業の安定的な運営などの項目があり、チームごとに管理者を置き、質の管理、不測の事態等への対応、定期的な面談を行うなどとしている。また、各種業務マニュアル、保育マニュアル、事故防止等マニュアルを整備し、研修体制を確保。ベビーシッターは、都が実施する「居宅訪問型保育基礎研修」など、保有する資格等に応じ、必要な研修等の受講を要件としている」との答弁。

「子育てメールマガジン、決算委員会の時にも、利用者が増えるよう、それぞれの所管で努力するよう要望した。区民には窓口・ホームページ・チラシなどで周知するとしているが。子育てメルマガなどのツールも活用し広く周知すべきと思うがどうか?」と質問。

「新規事業なので、事業の周知は非常に重要。子育てメルマガ含め、周知は積極的に取り組んでいく」との答弁がありました。

Comments are closed.