環境・安全安心特別委員会 平成30年12月

12月5日、環境・安全安心特別委員会が開催されました。
ちなみに、この日の案件は、こちら

案件の中に、「台東区みどりの実態調査の中間報告について」があって。

区では、緑化推進のため「花とみどりの基本計画」を策定し緑化施策に努めている。次期計画改定に向けて、緑の現況、推移等を把握することが重要なため、緑被率(航空写真を撮影し、上空から見た時の緑の量の割合)や緑視率(人が立って見た時の景色の中に映る緑の量の割合)の実態調査を実施。その調査結果の中間の報告で。

で、私の発言要旨は。

22年度の緑被率は12.3%で、目標値は14.5%だった。速報値ではあるが、結果が9.8%に下がってしまった要因を、しっかりと分析してほしい。緑の持つ役割には、都市環境の維持・改善もある。区として、都市環境にこの結果を踏まえてどう対応していくか、は重要。今年度作成中の都市マスタープランの中で、しっかりと対応してほしい。また、緑被率も緑視率も、緑の面積が基準になっているが、都市空間の中では、量だけでなく質も重要ではないか。都市空間の中では、緑が多ければ良いと言う訳ではないような気がする。緑の持つ役割のひとつでもある「やすらぎ」や「うるおい」を感じる、区民の望む緑はどういうものなのかが、大事だと思う。緑被率や緑視率のデータは、しっかりと押さえておいた方が良いが、目標数値として、量だけを増やすことを目指すのか、ということには疑問。次期計画策定の時には、その辺りも考慮して、目標を立ててほしい」と要望しました。

また、案件の中に、「台東区防災アプリのバージョンアップについて」があって。

防災アプリは災害発生時、区民及び来街者に対し情報提供を行うことを目的に、平成27年から配信を開始。今回、個人設定機能(アプリの初期設定時に区民か否かを選択すると、それぞれの利用者に必要な情報画面へと振り分けられる)や、災害時に容易に各種SNSへ連携して安否情報の発信や確認ができる機能、現在地から避難所や一時滞在施設までのルートを表示する機能を追加する、という報告で。

で、私の発言要旨は。

「防災アプリは、私が以前要望したもの。使い勝手がよくなることは評価。しかし、避難所などへのルート検索は、地図アプリと同様に、最短ルートが表示されるようになっている。これで良いのか。例えばブロック塀など、危険な個所は各町会の避難所訓練などで把握に努めており、そういう道は避けて避難所まで行く訓練もしているはず。危険個所を避けてルート検索ができるようになっているのなら良いが、地の利のない人が、防災アプリで出てきたルートを信じて危険な場所に進んでしまうかもしれない。危険を回避できるようなルート検索になるよう検討してほしい」と要望しました。

Comments are closed.