保健福祉委員会 23年6月

6月15日は、私が所属する保健福祉委員会が開催された。
陳情案件や補正予算がらみの報告事項もあり、
いくつか質問もさせてもらったが、それは、次回に。

委員会終了後、 保健師・衛生監視・事務職として被災地派遣された
台東保健所の若き4名の職員から、現地の状況を含め
報告を聞かせてもらった。 (5月4日から11日まで気仙沼市へ)
彼(女)ら4名は、避難所や個別の家庭を訪れ
健康面や生活衛生面を確認し、 健康相談や衛生面での助言など行ってきた。

数箇所の避難施設を回り、
被災された方々から、震災時から現在の状況までの
「生の声」を聞かせていただいた彼らからの報告の最後に語られたこと。
復興におけるコミュニティーの重要性。
人の繋がりが回復に大きく影響すること
より具体的な災害対策と日頃からの備えが本当に必要だということ。

報告を聞かせていただいた、私たち議員は、
そのことを、胸にしっかりと刻みつけ
震災対策の充実に活かしていかなくてはならない。

Comments are closed.