環境・安全安心特別委員会(集中審議) 24年2月 

12月の委員会の報告ブログにも書きましたが。
東京都防災対応指針が発表されたので、その指針をうけて「台東区地域防災計画」の課題整理が行われ、2月2日に環境・安全安心特別委員会にて、集中審議が行われることになりました。

今回の委員会は、防災計画の修正課題整理なので。
(新たな被害想定が国や都などからまだ発表されていなくて・・・。防災計画の見直し作業も膨大な実務量があることから、まずは、修正点の課題整理を、ということになったので。)

今まで、私が委員会や、机の前で提案していたことは、すでに修正課題に入っていたので。
新たに、抜け落ちている検討課題を述べるということに。

で、当日いきなりだと時間がかかることもあり、
事前に各会派が、書類にして修正課題を提出する、という段取りでした。

私が、会派として提出した課題は以下の通り。

台東区防災指針についての追加項目  (無所属の会・台東)

1 被害想定の明らかな違いによる災害マニュアルのパターン別作成について
(首都直下型と、東日本大震災や東海地震などの震災)

2 水道の耐震化について

3 断水時の初期消火体制の確立について

4 燃料の確保について

5 災害時要援護者情報の共有について

6 救援物資の受け入れ、配布について

7 マップ(消火器・消火栓・消防水利・AEDなど)の作成について

8 避難所である学校や、区役所などの電源確保について(太陽光や蓄電など)

9 避難場所である公園の、夜間における照明確保について

10 水害想定における備蓄庫の設置場所について

11 トイレ対策について

12 震災後の治安維持について

13 防災広場について

14 防災対策本部の設置場所について

15 災害対策本部と各避難所の連絡体制について

16 区施設においての施設管理者や指定管理者の役割分担について

17 義援金配分について

18 化学物質対策について

19 液状化について

今後、地域防災計画の素案ができたところで、委員会に議題としてとりあげられるので。
内容などについては、その時に。

Comments are closed.