用地活用・地区整備特別委員会 24年6月

6月15日に用地活用・地区整備特別委員会が開催されました。

案件の中に、「台東区バリアフリー基本構想について」があって。

2月の委員会質疑での発言要旨にも書きましたが。

バリアフリーの基本構想の中で、浅草北部・谷中地区も新たに重点整備地区に入ることになり、台東区全体が重点整備地区としてバリアフリーが進められることになっていたのですが。

その構想通り、今年度中に、浅草北部・谷中の両地区の基本構想を策定するというもの。

浅草北部地区は、荒川区の南千住地区の基本構想と連携しながら。
谷中地区は、ソフト施策を中心としたバリアフリー化事業もあわせて。
行うとのこと。

で、発言要旨は。

「浅草北部地域には、台東病院や浅草病院、福祉施設の一つの拠点である「ほうらい」やリバーサイドスポーツ施設など。台東区でも生活関連施設として重要な施設が多数ある。
また、駅利用では、南千住だけでなく、三ノ輪や入谷、浅草駅などの利用者も多い。
今後、在宅看護や在宅介護を充実していくためには、町のバリアフリー化は最重要課題。
<地区間の連続性の確保>を主目的とした今回の基本構想の改定であるなら、
南千住地区だけでなく、当然のことながら、台東区の他の地区との連携をしっかり考慮しながら基本構想の策定を進めてほしい」
と要望しました。
また、谷中地区については、
「根津・千駄木・日暮里・西日暮里など、他区にある駅利用者も多い。他区との連携もしっかり検討してほしい」
と要望。

第4回の定例会に、素案が報告される予定です。

バリアフリー推進に向けて、今後とも、しっかり検討していきたいと思います。

Comments are closed.