保健福祉委員会 24年6月 

6月19日には、保健福祉委員会があって。

この日の案件は、こちら

まずは、陳情から。
この日の陳情は、「安心して老後の暮らしを支える介護を求めることについての陳情」の一件。

内容は、
1.生活支援介護の基準時間が、60分から45分になったことで介護事業者・ヘルパーたちの収入減にならぬことを求める。
2.特別養護老人ホームなどの施設を作ることを求める。
3.年金生活者や低所得者の介護保険料について、引き続き軽減策を求める。
各種積立金を活用し、一層の配慮を。
と、いうもの。

私の意見としては、

1の時間短縮については、
5次改定により、生活支援の基準時間区分が60分から45分へとなった。
これは、実際45分のサービスで対応可能だったものもあるので、基準時間を少なくして、経費を抑える、というもの。(基準時間の変更なので、60分サービスが必要な利用者には、45分以上の区分のサービスを適用することに)
「事業者や職員、利用者などの反応はどうか?」と質問。
「特に、苦情など聞いていません」との答弁。
私も、実際に関係者からヒアリングをしてみたが、この制度改正によって特に収入減になったという話は聞けなかった。
ただし、まだ、始まったばかりなので。
15分短くなってしまったことにより、利用者のデメリットがあってはならない。
今後ともしっかりヒアリングを行い、そういうことがないよう
プランを作成するケアマネジャーや事業者にもしっかりやってもらえるよう指導してほしい。」と要望した。

2
の特養ホームについては、
確かに450人待ち。増やす努力をするのは当然だが、特養ホームは、開設するまでに時間もお金もかかる。その間にも待機者は増え続ける。一昨年・昨年とほうらい・千束開所したが減っていない。3カ年計画にもある通り、今は、在宅支援の充実を優先させるべき

3
の低所得者への軽減措置については、
4月の料金改定のときに、対策として区が料率区分を増やすなど対応した。(10区分から14区分へ。低所得者の軽減区分を1つ増やし、高所得者への高料率区分を3つ増設)更に、昨年議会としても、国へ介護保険料の負担軽減を求める意見書も出している。これ以上は、なかなか難しい。

以上の理由で、陳情者には申し訳ないが、この採択は不採択とさせていただいた。

今朝の朝刊にも。
「厚生労働省が29日まとめた2010年度介護保険事業状況報告によると、要介護認定者数は506万人。2000年度の256万人からほぼ倍増。毎年過去最高を更新している」という記事が。

介護認定者が年々増加し、その介護を担う介護職員の労働人口を確保することを考えると。
今後介護費用の総額は、かなりのペースで増額していくことになる。
その費用を賄うための介護保険料は、台東区では、第4次改定と比べて第5次改定の基準額で950円のアップ。いつまでも、このペースで増額を続けられるとは思えない。
介護制度を持続させるためには、
制度そのものを抜本的に改革するか。
現状制度を維持していくのなら、
その時々のコストとニーズのバランスを考慮した改正を行い、限りある財源でより効果的な施策を展開していかざるをえないのではないか、と。

かなり難しい制度なので。
これからも、しっかり勉強していかないと。

高齢者に対する熱中症予防対策事業について ですが。
これは、熱中症対策として、65歳以上の高齢者で希望する区民の方に、熱中症対策予防のチラシと冷却スカーフを地域包括センターなど23か所(昨年は12か所。今年は区民事務所や各地区センターが配布場所に)で配布する
というもの。

で、私の発言要旨は。
「昨年にに引き続きの施策なので。今年度同じことをやるということで、効果は検証しているのだと思うが。
震災の影響で、厳しい節電を行った昨年でも熱中症による区内高齢者の搬送者数、12名減になっているし。(38<22>から26人)
今年も、節電対策しっかりやっていかなくてはならないので。
一人暮らしや、寝たきりの老人などに対する啓発はどう勧めていくのか?
と質問。
「見守りネットワークや「すこやか訪問」にて、しっかり対応をとっていくつもり」
と答弁。
「スカーフの効果というよりも、高齢者への啓発。熱中症への予防を心がけようという意識に意味があると思っているので。しっかりした啓発活動お願いしたい。」
と要望しました。

戸別収集の拡大について では。
これは、一般廃棄物処理基本計画に基づいて、現在8000世帯で行っている戸別収集を25年4月から3年かけて、原則区内全域9万世帯に拡大する。
で、清掃車を8台増やし、正規職員の採用などにより人員の確保を行いたい、というもの。

なぜ、戸別収集かというと。
各家庭の前に各自がゴミを置くことにより、責任が明確化し。
不法投棄の防止・リサイクル率の向上・ごみの削減につながる、から。
(ちなみに、モデル地区であった竜泉地区では、他の地区よりも11パーセントもゴミ削減。)

で、発言要旨は。
21年度家庭ごみ調査によれば。燃えるごみで17パーセント、燃やさないゴミで約20パーセントの資源ごみが混入している。まだまだ、改善の余地が多分にある。
戸別収集は、大事だと思うが。
目的は、ごみの削減。っていうか、ごみの分別の徹底にあると思うので。
導入当初は、丁寧に行わなければ意味がないと思うし。
必然的に時間がかかると思う。
今でも、燃えるごみの回収、午後二時くらいのところもあるので。
もっと、遅くなってしまうのは・・・。
特に夏場など、各家庭の前に、生ごみ入りの燃えるごみがもっと遅くまでおかれるような状況は、・・・。
時間を導入以前より遅くしないようにするには、導入時期を小単位のブロックで徐々に進めていくような工夫が必要。戸別になっても、早期収集ができるようしっかり検討してほしい。」
と要望しました。

Comments are closed.