用地活用・地区整備特別委員会 視察

昨日と今日の2日間、用地活用・地区整備特別委員会の視察で
長野県に伺ってきました。

初日の昨日は、松本市へ。

松本市視察

松本市役所では、
各地区の個性を生かした整備の状況や
(たとえば、土蔵が多かった通りでは、外観を土蔵っぽい雰囲気で統一してみたり。
大正ロマンをコンセプトにした街づくり、行ったり。)
ユニバーサルデザインへの取り組みも伺いました。

もともと城下町として栄えた町なので。
バリアフリー化しにくい街並みや建物との折り合いをどうつけていくかは、大変難しい。
昔からの文化や建造物は、維持しつつ。
できるところから、頑張っている。とのことでした。

もともと寺社町として発展してきた台東区にも、相通じる課題で・・・。
大変勉強になりました。

2日目は、上田市へ。

上田市視察

上田市役所では、市長や議長にも、ご挨拶いただき。
中心市街地での都市計画や、跡地活用などを
説明して頂き。

昼食は、池波正太郎先生が好んで食べたという
ベンガルカレーに舌鼓。

ベンガル・カレー

生涯学習センターにある池波正太郎記念文庫と姉妹館である
池波正太郎真田太平記館を見学。

池波正太郎真田太平記館

「鬼平犯科帳」や「剣客商売」は、読破してるんですが。
まだ、「真田太平記」読んでないので・・・。
早速、読まないと・・・・。

2日間、大変有意義な視察でした。
松本市、上田市の関係者の皆様、本当にありがとうございました。

Comments are closed.