保健福祉委員会 中防処理施設視察

昨日の午後は、保健福祉委員会にて
東京23区清掃一部事務組合が運営している
江東区青海にある中防処理施設管理事務所の視察に伺ってきました。

中防処理施設管理事務所

「東京23区清掃一部事務組合」とは、
平成12年4月に清掃事業が23区に移管された時に、
ゴミ収集・運搬は各区が行うことになったが、
ゴミの中間施設や処理施設がない区があったり、
効率性を考えて、23区が共同で行うために設立された地方公共団体で。
可燃ごみの清掃工場や、不燃ゴミ処理センターなどを運営。

23区でだされる可燃ごみは、19ある清掃工場で焼却。
不燃ごみは、中防と京浜島の不燃ゴミ処理センターで。
粗大ゴミは、中防粗大ゴミ破砕処理施設で処理される。
などのゴミ処理の概要や、システム。
風力発電や太陽光発電など再生可能エネルギー活用のレクを受け。

施設の視察へ。

不燃ゴミ処理センターでは。
2か所の中継所から受入貯留ヤード。

受入貯留ヤード

こんな機械で破砕。

機会粉砕

機械の中のハンマーは、使用前と使用後で、こんなに・・・。

粉砕用ハンマー

鉄分や、アルミなどを分離し、最終処分場(埋立地)へ。

粗大ゴミ破砕処理施設では、運搬された粗大ごみをまずは、大きく分類。
金属のゴミを分けたり。
布団を30センチに切ったり。
一日1000枚出されてくる畳を切ったり。
ベッドは、布部分をはがし、コイルを分離したり。
それらを、破砕機で細かくして。
破砕されたものの中から、鉄分を抜いて。
不燃物は最終処分場(埋立地)へ
以外は、破砕ゴミ処理施設で焼却されたのち、最終処分場(埋立地)へ。

埋立地

埋め立て処分場は
中央防波堤外側埋め立て処分場と新海面処分場があって。
廃プラのサーマルリサイクルや、3R効果によるゴミ量の削減。
ゴミ処理技術の進化などもあって。
処分量がピーク時の7分の一にもなっていることから。
50年間分は確保されているとのことでした。
ただし、この処分場以外には、これ以上埋立候補地は確保できないそうなので。
より以上に削減していかないと・・・。

人手による作業も多く。
コストもかかるなぁ、と納得。

なんとなく、頭で理解していたゴミ処理のシステムが、
視察したことで、より整理されたような・・・。

視察で得た知識や課題を
委員会で活かしていかないと。

視察にご協力いただきました職員の方々。
本当に、ありがとうございました。

Comments are closed.