子育て支援特別委員会 25年6月

委員会の変更があったので・・・。
私にとっての、初の子育て支援特別委員会が開催されたのが、611日。

ちなみに、この日の案件は、こちら

この日の発言は、指定管理者制度がらみで、2案件。

そのうちの、「東京都台東区立ことぶきこども園及び東京都台東区立寿子ども家庭支援センターの指定管理者の選定について」では・・・

「ことぶきこども園」や併設されている「寿子ども家庭支援センター」は、指定管理者制度を活用して、民間事業者が管理運営をしているのですが。
指定管理者制度では、管理の期間が決められていて。(期間は、5)
その期間が終了すると、原則公募で、次期管理運営事業者を選定するのですが。
今回は、制度の特例を活用して、「公募によらず、再選定する」という報告で。

私の発言要旨は。
「今回、指定管理の公募によらない再選定ということだが。
指定管理、原則は公募。
たしかに「指定管理者が施設の設置目的を最も効果的に達成できると区長が判断した場合」という特例規定はあるが。あくまで、特例。
再選定の理由には、適正に運営されているというようなことが書かれているが。
特例とした理由は何か?」と質問。
「実績良好という理由のほかに、教育・保育施設ということで。
できることなら、スタッフなどがいれかわらない、継続していくことが、こどもたちにとっても望ましいと・・・」との答弁。
「であるならば、台東病院のように、期間が初めから10年のところもある。
開設後すぐの指定管理では、教育や福祉の施設についても、たとえば10年、といった期間を採用することも議論すべき。
決算特別委員会でも、指定管理制度については、区の方針の矛盾点など指摘してきたが。
指定管理者制度の指針など、現在の利用状況や実績などを検証し、改善するよう検討すべき」
と要望しました。

教育委員会関係の委員会は、今回が初めてなので。
今後は、しっかりと勉強していかないと・・・。

Comments are closed.