企画総務委員会 26年12月

12月12日、企画総務委員会が開催されました。

ちなみに、この日の案件は、こちら

報告案件の中に「台東区長期総合計画及び台東区行政計画の素案について」があって。

長期総合計画や行政計画については、私の政策テーマの1つで。
委員会などで、いろいろと発言してきたのですが。

ちなみに、
基本構想・・・区政運営においての最高指針。
長期総合計画・・・基本指針が掲げる基本理念・将来像と基本目標を実現するための施策の方向・目標・手段を示すもの。
行政計画・・・長期総合計画の計画目標の具体化を図るための計画。

基本構想は、吉住区政になってから作られたもので。
20年を1つの区切りとしていて。
その半分の10年の計画が、長期総合計画。
で、今年度で10年経つので、今後10年間の計画として、今回報告されました。

今までの長期総合計画は、
74の施策で構成されていて。
それぞれの施策に、計画事業と計画目標。施策ごとに指標と目標数値が記載されていたのですが。

一時代前に比べると時代の変化が急速に進む現状で、10年先を見据えての目標設定の数値化は非常に困難であるし、
また、目標設定を数値化することは、施策目標達成基準の一つの目安にはなるけど
施策目標を評価するということは、数値の達成だけではなく、その内容が重要で。

次期長期総合計画では、
10年後を見据えた最上位計画として数値化することだけにこだわらず、
施策本来の達成目標は何かを明確に定義する目標設定のあり方を検討すべきであり、
その目標に向けて3年後の到達目標、事業費総額及び年次計画を明示する行政計画と長期総合計画の役割分担も再構築し直すべき。と思っていて。

今まで、委員会等で発言してきてたんですが。

今回の素案では。その辺のことも取り入れられていたので。

私の発言要旨は。
「前回の長計や検証結果などと見比べさせて頂いた。
項目立てや取組など、前回に比べて、しっかりと整理できていて。
良くなっていると評価している。
以前の委員会でも、前回の施策の指標について、
「指標として適格でない物が結構あり、指標の在り方、しっかりとやってください。」
と言っていたが。
「事業者間ネットワーク」や「介護サービスの充実」など、
良くなっている物が随所に見られた。
頑張ってくれたのだなぁ、と。

指標の目標設定が高過ぎて、「実現可能性低いのでは」というものや
実績と同等か下回っている目標もある。
また、目標としては、回数なのか、人数なのか、率が良いのか、というものもあった。

さらに、指標として、どうか、と思うものもいくつかあって。
<委員会では、いくつか取り上げて発言>

最終案まで、まだ時間もあるので、もう少し頑張ってほしい」
と要望しました。

行政計画についても、今回は事業名とその内容だけ報告があったので。

私の発言要旨は。

「個別の事業の内容については、計画事業量が出てきたときに、質問するので。
今回は、確認の意味で、いくつか伺う。
今までの長計には、計画事業があったが、今回のものは、10年後の目指す姿を記載するという形になった。
私も、依然、長計と行計の在り方の見直しを提案していたので、評価しているのだが。
つまり、以前は長計事業と行計事業という区の重要な事業が2パターンあったわけだが。
今回は、長計では、主な取組だけになったので。重点事業は行計だけになった。
長計記載の取組の中に含まれる事業が、すべて行計になっているわけではない。
行計として取り上げた事業は、何を基準に選んでいるのか」
と、質問。

「今回の長期総合計画には、計画事業は載せていない。
10年間の計画の中で、具体化していこうと思っているので、今回の行政計画ですべて事業化していることにはなっていない。
事業化しないで、国や都などの動向や社会状況の変化を見極める必要があるものや、
関係機関との調整が必要なものもある。
そういったことを踏まえながら、重点的、優先的に3年間取り組む事業を今回上げた。」
との答弁。

「今回の行政計画では、前回の行政計画とは別枠でやっていた行政経営推進プランの部分も、行政計画の中に入った。なぜか?
入っていないもの取り組みは、どうするのか?」
と、質問。

「この10年間で、行政経営に関する取組は、職員の意識にも定着してきた。
今後は、長期総合計画に掲げる行政経営の着実な実施に向けて
3年間で取り組む主な事項を今回の行政計画に位置づけた。」
との答弁。

「今回の行政計画の中に位置づけられたものの中には、
協働型事業や、指定管理、区有施設の老朽化など、まさに今重点的に行わなくてはならないものが入っているので。しっかりと3年間で取り組んでほしい。
しかし、今回の計画事業に入っていないものにも、行政経営に重要なことが多いので。
それも、引き続きしっかりと取り組んでいってほしい」と要望しました。

報告の中に、「台東区男女平等推進行動計画中間のまとめ」があって。

これは、今年度に前回までの計画が終了することに伴い、
来年度から5ヵ年の計画を新たに作成するにあたり
中間のまとめ、ということで報告があったもので。

前計画に追加された主な項目は、
1 男女平等参画の視点に立った防災・復興の対策の推進
2 配偶者等からの暴力に対する被害者支援のための取組の推進
3 企業や事業者に対するワーク・ライフ・バランスの推進
でした。

私の発言要旨は。

「計画の特色にもありますが、事業者に対するワークライフバランス。
とても重要で。
推進していくためには、個々人の認識向上も大事だが、
企業を含め、社会の認識が向上していかなくては、推進できない。
所管課が、男女共同参画室だけになっている。
先進的に事業を行っている、新宿区や名古屋など、視察に行ったときに伺ったのですが。
やはり、男女だけで主導していると、どうしても企業への情報発信などで厳しいものがある。
という話を聞きました。
先日の一般質問の区長答弁でも、「ワークライフバランスの推進は重要との認識を持っているが、必ずしも進んでいない」とあった。
ぜひとも、推進していくために、男女だけでなく、
企業との接点の多い産業振興課や、子育て支援課なども、
調査研究に加わってほしい」と要望。

さらに。

「今回、ワークライフバランスを推進するための取組を新規に取り上げて頂いたことは、大変評価しているが。
5年間の計画で、「ワークライフバランスの推進に取り組む企業に対する優遇措置について調査研究」ではあまりにも遅い。
国も女性活躍に対して、力を入れ始めているし。
ちょっと前の「環境」のように、ワークライフバランスが企業のCI向上として入りあげられてくる時代が、かなり近い将来必ず来る。
そういうことを見据えれば、来年度から始めてほしいとは言わないが、
5年間で研究だけでは物足りない。
所管としてどう考えているのか?」
と、質問。

「最終案までに検討していく」
との答弁でした。

「先日、北九州市に委員会で視察に行き。
女性活躍推進への取組、伺わせて頂いた。
職員の介護の問題も出てきて、今後8時間以上働いていける人が少数派になるかも、
という懸念もあり、女性職員の登用を増やす取組を開始。
男女とも、仕事と家庭の両立が可能となるように、取組を進めていました。
女性の管理職を増やすには、育成に力を入れていくことが重要との認識のもと、
メンター制度の活用など女性職員に絞っての独自の育成制度を行っています。

台東区では、女性リーダー育成PTを開始して3年経っていると思いますが。
どのような取り組みをしているのか?」
と質問。

「24年度は、自分自身のキャリア形成について改めて考えてもらうための座談会を開催。
また、様々な職種の管理職に、受験の動機などのアンケート実施。
25年度は、ランチをともにしながら、仕事とプライベートをどうやって調和させていくかのコツについての意見交換するメンターカフェも開催しました」
との答弁。

「台東区も、職員の介護の問題などもあるし、子育てなどもある。
北九州市の懸念もありうる。
区としても、ワークライフバランス、しっかりと取り組んでいかなければならないと思うが。
その辺、どう進めていくのか?」
と、質問。

「職員の出産・子育て、介護などのライフイベントに関する制度の充実とか
超過勤務の縮減に努めてきた。
更なる意識面での啓発とか、勤務環境の向上、休暇休業制度の改善や周知、健康管理の推進に努め、ワークライフバランスの推進に取り組んでいきます」との答弁

「ワークライフバランスを企業に進めていくなら、行政も率先して行っていかなくてはならない、と思っている。しっかりと推進してください。」
と要望しました。

これからの、というか、すでに現在
ワークライフバランスの推進は、重要課題として早急に取り組んでいかなくてはならない課題だと思っているので。
今後もしっかりと勉強していかないと・・・。

Comments are closed.