子育て支援特別委員会 27年2月

2月9日午前、子育て支援特別委員会が開催されました。
ちなみに、この日の案件は、こちら。

案件の中に、「台東区次世代育成支援計画(案)」があって。
9月の委員会で、中間のまとめが報告され。
前回の12月の委員会で、「台東区次世代育成支援地域行動計画(後期計画)の進捗状況」が報告され。
それぞれの審議の内容や、パブリックコメントなどの意見が反映されたものを、
最終案として報告されたものですが。

私の発言要旨は。

「計画案見せて頂いて。
中間のまとめから、結構変わっていて。
計画全体の評価指標が追加され。
指標を、『台東区で子育てしやすいと感じている人の割合』と
『子育てに関する不安感や負担感を感じることの割合』にしたこと。
結構いいと思ってます。
基本目標別評価指標も加わって、良くなってると評価してます。

前回の委員会の行動計画の進捗状況の報告の時に、、
「計画目標が、回数が適正か、人数なのか、または、母数の変化もあるので、率が良いのか。
次回の計画では、しっかりと検討すべき。』と言っていて。
例えば、73ページの「にぎやか応援プラン」件数から率になっている。
ちゃんと検討してくれた、と評価します。

しかし。
施策に対する事業。
『計画目標』が、『31年度に向けての方法性』に変わっていて。
区長がご逝去になり、もうすぐ区長選で新区長が選ばれる。
そういう状況下で、来年度の予算案も、『政策的な新規・充実事業の経費については計上を見合わせた』とあるので。
きっと、行政計画も今定例会で出なくなる。
で、今の段階で、計画目標出しにくい、という状況は理解はします。

計画については、10年ものの長期総合計画は、数値目標なくていい、と言ってきましたが。
3年スキームの行政計画は、予算としっかりと連動したうえで、『しっかり目標数値を設定すべき。』と述べてきました。

では、この計画もそうですが、5年スキームの計画は・・・。

この215ある事業。
すべてを数値目標に、というつもりはありませんが。
今回、数値目標が、あまりにも少ない。

今回は、了承しますが。
見直し時には、その辺の整理しっかり検討して頂いて、対応してください」
と要望しました。

報告案件の中に、「子ども・子育て支援事業計画に基づくこどもクラブ及び児童館の対応について」があって。

これは、今後需要が増加する「こどもクラブ」について、
今回受け入れ枠を調整し、定員を1135名としたこと。
ニーズ調査の結果から、31年度の需要予測が1260名あり
125名分差異が出てしまうこと。

で、対応策として。
今後緊急度の高い学区域から優先して整備を進め
27年度は、今戸こどもクラブ(定員40名)を開設すること。

高学年は、児童館で対応することとし、
各児童館で定員20名程度。
ランドセル来館を可能とすること。

さらに、4つの児童館(千束・松が谷・今戸・寿)で、長期休業期間中の開館時間を午前8時からにする。

という報告で。

私の発言要旨は。

「長期休業中の早期開館、良いこと。
今回、2園増やしているが。
以前の委員会で2園で行ったとき、だいたい80万円くらいの経費増と言っていて。
当初は、事業団に経費を持たす、という報告で。
結果、区が財源持つことになったと思うが。
今回の財源はどうするのか?
1園あたりの経費増は、どのくらいなのか? 教えてほしい。」
と、質問。

「1園につき、320万円くらいの経費増で、指定管理料に上乗せしてます」
との答弁。

「残り4園。なぜ、全部やらなかったのか?

来年度から高学年になる、こどもくらぶ利用者の保護者から、
こどもクラブの必要性は『長期休業期間中が一番』との声がある。
『開始時間8時になってくれたら、こどもクラブに入らなくても大丈夫なのに』
との保護者も少なからずいる、と聞く。

保育環境が整備されれば、もっと、利用したい人の数は今後増えてくるはず。
キャパの問題もあるのだから、開始時間早めることで、
その分のニーズは減る。全館で開始できるよう、強く要望。

新制度が始まり、実際の運用が開始された後で見えてくる課題なども多くあると思うので。
利用時間の問題も含めて、しっかりと検証しながら、対応策を今後も検討していってほしい。」
と、要望しました。

Comments are closed.